手術・全身麻酔について

 

当院では手術や検査に際し、以下の事項を守って様々な種類の動物の全身麻酔を行います。

 

<全身麻酔の必要性の確認>

検査や処置に全身麻酔が必要な場合、その「処置・検査」がどのくらい必要なものなのか、オーナーさんとお話をします。

承諾を得られた場合には以下の段階を経て行います。

 

<全身麻酔の手順>

○麻酔をかける前に「血液検査、レントゲン検査、心電図検査、

 エコー検査」などの検査をして麻酔のリスクを確認します。

○全身麻酔をかける前に「鎮痛剤、鎮静剤、制吐剤、制酸剤、抗生剤」

 を投与してできるだけ安全に全身麻酔をかける準備を行います。

それぞれの薬剤は数種類そろえ、状況と必要性に合わせて使い分けます。

全身麻酔は2人以上で行います。

気管チューブを挿管し、必要な時は人工呼吸をかけます。

○処置・検査中は動物用モニターを使って

「体温、血圧、心電図、呼吸数、酸素飽和度、二酸化炭素濃度」

 をモニターしながら吸入麻酔を調節します。

○麻酔が覚めたところで、必要であれば鎮痛剤を追加し、

 覚醒を確認します。

 

<リスクのある場合>

短頭種、病気がある、全身状態が悪い、など全身麻酔へのリスクがある場合は、手術の必要性とのかねあいを考えた上で、必要性が高ければオーナーさんと相談して全身麻酔を検討します。

その場合、酸素室での経過観察最低限度での麻酔病気に影響しない薬剤の選択、など慎重な処置を行います。

 

<犬猫以外の全身麻酔>

犬猫以外の全身麻酔も行います。

この場合はそれぞれの動物種類に適した麻酔や鎮痛剤、抗生剤などを選び、

上記と同様の処置を行います。

 

<処置・検査の種類>

手術は避妊去勢など一般的なものから、

腫瘍摘出、歯科・口腔内手術、尿路造ロウ、結石摘出、異物摘出、

胃捻転整復などがあります。

生体検査(針を刺したり患部の一部を切り取って,顕微鏡などで調べる検査)でも全身麻酔をかけるときがあります。